ストーリーのあるインテリアで暮らしを豊かに

理想のイメージへ!ショップカードのお直しをしてみました

 







この記事を書いている人 - WRITER -
元ハウスメーカーのインテリアコーディネーター。 IKEAなどコストパフォーマンスのよいインテリアを使って高見えするコーディネートをするのが得意。 妥協して中途半端なものを手に入れるのが嫌い→→お客様が入荷待ちされている商品の在庫チェックするのが日課です。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、山口です。

名刺の話題が続きます・・

以前ショップカードのデザインをさせていただいた、ハンドメイドアクセサリー『fleur blanche yoko』様。

そろそろカードがなくなりそうなので、追加オーダーしたいというご連絡をいただきました。

同じデザインをリピートしていただけるって、すごくうれしい〜。

でも「さっそく再注文しました!」って、それだけじゃない!

せっかくの追加オーダー、メイク直しのような感覚で、ちょっとお直しをしてみましたので、ご紹介しますね。

 

ネット印刷のデメリット

いきなり、見出しがネガティブですが、ネット印刷にも「メリット・デメリット」があります。

メリット1.コストが安く品質がプロ並み。

最後のデメリット、これは避けては通れないところです。

何度かネット印刷を利用していると、データと仕上がりの誤差がなんとなく分かってきますが、完璧にイメージ通りとはなかなかいかないものです

 

明るさの調整

左:データ 右:仕上がり実物

追加オーダーをいただいたショップカードですが、前回の仕上がりはデータのイメージよりも暗めに仕上がってしまいました。

くすんだピンクベージュが思った色に仕上がっていなかったのです。

この時は「光沢紙」を選んだのですが、再確認すると紙が少し黄味がかっていました。
その影響を受けてしまったようです。

今回「全体的に少し明るめにしたい」ということでしたので、少しお直しをしてみることにしました。

お客様にもネット印刷のデメリットをお話した上で、前回より(気持ち的に)15%ほど明るくしてみることに。

ショップ名を囲む枠の背景も白くして、明るく見えるようにしました。

さらに、「光沢紙」から「マット紙」への変更をご提案させていただきました。

上が「光沢紙」、下が「マット紙」です。

「マット紙」の方が青白い感じで、白が白らしく、明るく仕上がりそうです。

想像力をフルに働かせて、イメージ通りの仕上がりを目指します

 

仕上がりは…

さて、イメージ通りに仕上がったでしょうか?

お客様のお宅へ商品を直送させていただいたので、ドキドキしながらご連絡を待ちました。

届きました!
さすがです!
やっぱりオススメ通りロゴのところを白にしてよかったです☆
全体的に明るくなったように思います!

うわぁ♡
もう届いたんですね!
確かに、前よりも明るくなった気がします♡
今回の紙が少し青白い感じだったので、ピンク感もアップしているように見えますが、いかがですか?

比べると一目瞭然ですね。
全体的にクリアな感じもプラスされた気がします♪

本当だ♡
明るく、クリア!

本当にお願いして大満足です♡
ありがとうございます!

無事に明るく仕上げることができました。

メイク直しをする感じで、ちょこちょこっとデータをお直しさせていただきましたが、仕上がりに満足していただけて、良かったです!

さらに、こんなご感想もいただきました。

出店して、はじめてのお客様に名刺をお渡しする時に、その重要さを改めて感じています。
お願いして本当に良かった〜って思ってます♪

喜んでいただけて、光栄です!

fleur blanche yoko』様、ありがとうございました!

Instagramでもご紹介してくださってます↓

オリジナルデザイン名刺制作はこちらから

 

この記事を書いている人 - WRITER -
元ハウスメーカーのインテリアコーディネーター。 IKEAなどコストパフォーマンスのよいインテリアを使って高見えするコーディネートをするのが得意。 妥協して中途半端なものを手に入れるのが嫌い→→お客様が入荷待ちされている商品の在庫チェックするのが日課です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© STORY+DESIGN , 2018 All Rights Reserved.