4歳のこどもと一緒に楽しく!おもちゃの片づけで心も空間もスッキリ

 




この記事を書いている人 - WRITER -


元ハウスメーカーのインテリアコーディネーター。
ちょっとしたコツとポイントで、お金をかけずに素敵インテリアにすることが得意。
多すぎるモノを減らしたら、ストレスフリーで快適な、家事がはかどる家に!
モノとの付き合い方について話し出すと、止まらなくなります・・

詳しいプロフィールはこちら

山口晃子

この記事を書いている人 - WRITER -
元ハウスメーカーのインテリアコーディネーター。 ちょっとしたコツとポイントで、お金をかけずに素敵インテリアにすることが得意。 多すぎるモノを減らしたら、ストレスフリーで時短がかなう家に。 モノとの付き合い方について話し出すと、止まらなくなります・・
詳しいプロフィールはこちら

やっぱり写真に撮ると客観的になれるな〜
怖いくらい…

そう実感するきっかけになったのは、クリスマスでした。

親バカ・孫バカ・甥っ子バカの三重奏でたくさんのプレゼントをもらった息子。

プレゼントで遊ぶ姿を見てもらおうと写真を撮ってみて、うげーーーとなりました。

その時の写真はこちら(恥かしすぎるけど、公開します)

確かに、12月は息子も私も風邪で体調不良が続き、まともに片づけることもできなかったのですが…

それにしても、これはないでしょ!!

ゴミ屋敷ならぬ、ゴミ部屋ではないですか!

子供部屋はリビングの隣の和室なので、毎日見ているのに、見えないフリをしてしまっていたんです。

それに、汚くても毎日目にしていれば、それも背景になってしまって、自覚がなくなってしまうんですよね。

撮影しようとファインダーを覗きながら、『うわっ!汚っ!』とシャッターがなかなか切れませんでした。

さすがに、体調不良を言いわけにできないレベル…
3歳時のきれいな部屋… すっきりしてたな〜

そこで、年内にはきれいに片づけて、きれいなお部屋で新年を迎えよう!と決意(大袈裟!)

2日かけて、なんとかきれいになったので、その工程をご紹介してみます。

 

1日目〜ペイント終了まで

物量の多さを確認

おもちゃの片づけなので、当然4歳の息子と一緒に。

まずは、さきほどの写真を息子に見せて、汚くてごちゃごちゃであることを確認させました

そして、こんなにぐちゃぐちゃになってしまうのは、
物が多すぎる
大事なものとそうでないものが混ぜこぜになっている。からだと話しました。

「このままでは、大事なトミカがなくなってもわからないよ〜」と、もう遊ばなくなったもの、汚れていたり、壊れているものを手放してみようと誘いました。

でも、そんな声かけぐらいじゃ『片づけたい!』なんて気持ちにならないですよね、子供って

そこで「くるまLOVE!」の息子がワクワクする提案をプラスしてみました。

トミカ収納ボックスをペイント

ミニカーのトミカを収納するために、以前からセリアの「小物収納ボックス」を使っています。

3歳の時は2段だったものが収まらなくなり、いつの間にか3段になりました。

このボックス、木製でオイルステイン塗装仕上げだと思うのですが、全体的に暗い仕上がりなんですよね。

ミニカーを並べても映えないな〜と密かに思っていました。

そこで、息子のテンションを一気にあげる提案!

「トミカがもっと『かっこよく』見えるように、ペンキで白く塗ってみようか〜」

食いつきます、それはもうがっつりと(笑)ペイント作業、大好きですから!

ということで、寒空の中、ベランダでペイント決定です。

まずはミニカーを全て出してみます。

それから、ペイント。
塗料は夏にIKEAのテーブルとステップスツールをペイントした残りで。
◾️関連記事◾️IKEAの家具をペイントDIYでオリジナルに

想像以上に手間のかかる作業で、息子と2人、1時間で5個しか塗れず。
夕方だったので、寒すぎてギブアップしました。

翌日は朝から主人と2人で黙々と塗り続け(1個100円のものなのに労力的には1000円くらいとかなんとか小言を言われながら)、なんとか終わらせました。

2日目

ペイントの乾燥待ちの間に

ペイントが乾燥するまでの間に、おもちゃを減らす作業です。

片づけの基本、全部出し

おもちゃ類はIKEAのおままごとキッチンTROFASTという収納家具にまとめています。
これを引き出し単位、棚単位で全て出し、確認していきました

3歳と4歳、たった1年ですが、中身はかなり成長しています。

遊び方も変わったので、最近使ってないな〜と思うおもちゃを見つけては、本人に確認していきます。

最初のうちは、「まだ遊ぶ〜」なんて言いますが、「本当に大事にしたいおもちゃをすぐ見つけられるようにしようよ」とか「これ大好きでいっぱい遊んだから、もう傷だらけだね」という感じで声をかけていくうちに、「もういらない!」と言うようになってきました。

ここで私が大事だと思うのは、『自分でゴミ箱に捨てさせる』こと

自分で捨てることで、ちゃんと腑に落ち、後から「やっぱり…」なんてことがなくなると感じます。

今回のゴールは、

トミカをかっこよく並べて、遊びたい車をすぐに見つけられる

おもちゃコーナーをかっこよくする

4歳男子は『かっこいい』にグッとくるようです!

おもちゃを減らしつつ、あまり使わない汽車やレールを2つの引き出しから1つにまとめ、スペースの効率化も進めました。

乾燥完了〜トミカを並べる

午前中にペイントし、お天気も良かったため、14時ごろにはほぼ乾きました。

いよいよ、トミカを並べます。

息子の希望で『かっこよく』黒のラベリングもしてみました。
メーカーごとにラベリングしたので、戻す場所もわかりやすくなりました。
息子は正真正銘の『くるまバカ・オタク』なので、メーカーごとに分けることに必要以上に喜んでくれましたよ。

ちなみに、キッチン上部の扉(レンジ)の中には、特別お気に入りのトミカを入れることに!

こういう仕掛けを作ることで、楽しみながら片づけられました

勢いに乗ってあれこれと

キッチンも少しだけ『かっこよく』アレンジ。

使っていないIKEAのランチョンマット2枚をパネル風に貼り付けてみました。

壁一面にペタペタと貼り付けていた、お絵かきも残すものと処分するものに分け、
・処分するものは写真撮影→捨てる

・残すものはコーナーにまとめて、マスキングテープで固定

 

幼稚園からのクリスマスプレゼント、息子が自分で作ったの壁掛け時計を壁に飾り付け。

少しスッキリしてくると、もっともっと!とあちこち手をつけたくなりますね。

音楽コーナーはこんな感じ。
プレゼントの地球儀の置き場に困っていましたが、テーブルの下にいい場所がありました!

 

ビフォー・アフター

1年前からのビフォー・アフターはこちら。

1年前
クリスマス直後
アフター

スッキリした明るい子供部屋になり、広く感じます。

何より、頭の片隅でずっと気になっていたことを解決したので、精神的にもスッキリ〜

そして、片づけ終了から10日経ちましたが、今のところこの状態をキープしています!

まだ小さいから片づけられなくても仕方ない・・

そう思いながらもイライラしてしまうなら、お子さんを巻き込んで一緒に片づけてみませんか?

それぞれのお子さんに合った『グッとくるキーワード』や『テンションが上がる仕掛け』、ママならわかりますよね?

それを使えば、片づけだっておもいっきり楽しい遊びになっちゃいます!

ビバ!片づけ!

楽しみながら、きれいになるなら、やらなきゃ損ですよ〜♪

 

 





 
この記事を書いている人 - WRITER -
元ハウスメーカーのインテリアコーディネーター。 ちょっとしたコツとポイントで、お金をかけずに素敵インテリアにすることが得意。 多すぎるモノを減らしたら、ストレスフリーで時短がかなう家に。 モノとの付き合い方について話し出すと、止まらなくなります・・
詳しいプロフィールはこちら

「あなた」が伝わる
オリジナルデザイン名刺制作

ビジネスにおいて名刺は大事なツールです!

たった1枚の名刺から
コミュニケーションが生まれ
仕事に繋がることもあります。

あなたの人となりや、ビジネス、想いが
一瞬で伝わる名刺をデザインしませんか?

Copyright© STORY+DESIGN , 2018 All Rights Reserved.