どこから片づけたらいいの?効果てきめんの場所はここ!

 




この記事を書いている人 - WRITER -


元ハウスメーカーのインテリアコーディネーター。
ちょっとしたコツとポイントで、お金をかけずに素敵インテリアにすることが得意。
多すぎるモノを減らしたら、ストレスフリーで快適な、家事がはかどる家に!
モノとの付き合い方について話し出すと、止まらなくなります・・

詳しいプロフィールはこちら

山口晃子

この記事を書いている人 - WRITER -
元ハウスメーカーのインテリアコーディネーター。 ちょっとしたコツとポイントで、お金をかけずに素敵インテリアにすることが得意。 多すぎるモノを減らしたら、ストレスフリーで時短がかなう家に。 モノとの付き合い方について話し出すと、止まらなくなります・・
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。山口です。

よくお聞きするお悩みのひとつに、『どこから片づけたらいいのかわからない』というものがありますが、みなさんはいかがですか?

TVや本などで見かけたスッキリ素敵なお部屋のようにしてみたい!と思っても、一体どこから手をつけたらいいかわからず、結局何も変えられないまま時間だけが過ぎてしまった…なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今日は私の経験からオススメする、まずはここを片づけると効果的!という場所をご紹介してみたいと思います。

日常の風景と化してしまっていた

私はインテリアや片づけコンサルティングのお仕事をしているからか、周りの方から「物が少なくてスッキリしてそう」とよく言われます。

確かに現状はかなりスッキリしましたが、実はもとから片づけが得意だった訳ではないんです。

実際どこから手をつけていいのかわからず、たまに片づけスイッチが入るとあっちもこっちも気になって手をつけ始め…

片づけって意外と時間がかかるので、結局その日のうちに終わらず、とりあえず戻しておく…なんて事を何度も繰り返していました。

お友達が遊びに来る日は、リビングの散らかってる物を寝室に移動して、とりあえずリビングだけはキレイにしたり…

『なんちゃってキレイ好き』だったんです。

そんなある日、お友達が遊びに来るというので、いつもの様にとりあえずリビングだけはスッキリと片づけました。(正確には別室に移動させたんですが笑)

その夜、主人が帰ってきて漏らしたひとこと。これこそが大きなターニングポイントに。

『いつもこんな感じでテーブルの上には何もないのがいいなぁ』

帰宅後まず目に入ったのが、ダイニングテーブルのスッキリ感だったようです。

確かにいつもはテーブルの端に郵便物や読みかけの本などが積んであり…

リモコンもダイニングテーブルの上が置き場になっていました。
*イメージです

今では考えられないその光景が日常の風景だったので、何も感じなくなっていました。

 

小さな成功体験が習慣化につながる

ハッとした私は、翌日から『ダイニングテーブルの上だけは聖域』と思い、どんなに疲れていても、時間がなくてもテーブルの上だけは片づけるようにしました。

これがもし『ダイニングテーブルの上、キッチンカウンター、玄関』など複数の場所と決めていたら続かなかったでしょう。

『ダイニングテーブルの上』ただ1ヶ所に限定したからこそ、時間をかけずにできる→ササッとやってしまおうと思えたんです。

そして『今日もできた!』というプチ達成感を得ることで習慣化につながりました。

今ではダイニングテーブルの上がごちゃっとしていると落ち着きません(笑)

 

ここだけは聖域に

今日も片づけられなかった…と、できない自分にフォーカスしてやる気を無くしていたあなた!

小さな一歩でも「今日もできた!」という成功体験を重ねることで、良いサイクルが回り始めます。

小さな場所で効果絶大な『ダイニングテーブルの上』

ここだけは聖域として、いつもスッキリ何もない状態にしてみませんか?

ズボラさんでも、忙しいママさんでも、50cm四方の片づけなら5分できちゃいますよ!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル(プロ・アドバイザー)へ

更新情報やお得なお知らせなどはLINE@で配信しています!
友だち追加

 

 



 
この記事を書いている人 - WRITER -
元ハウスメーカーのインテリアコーディネーター。 ちょっとしたコツとポイントで、お金をかけずに素敵インテリアにすることが得意。 多すぎるモノを減らしたら、ストレスフリーで時短がかなう家に。 モノとの付き合い方について話し出すと、止まらなくなります・・
詳しいプロフィールはこちら

「あなた」が伝わる
オリジナルデザイン名刺制作

ビジネスにおいて名刺は大事なツールです!

たった1枚の名刺から
コミュニケーションが生まれ
仕事に繋がることもあります。

あなたの人となりや、ビジネス、想いが
一瞬で伝わる名刺をデザインしませんか?

Copyright© STORY+DESIGN , 2018 All Rights Reserved.