ストーリーのあるインテリアで暮らしを豊かに

【賃貸ワンルームサロンインテリア】上品で大人かわいいインテリアのサロンができるまで

 







この記事を書いている人 - WRITER -
元ハウスメーカーのインテリアコーディネーター。 IKEAなどコストパフォーマンスのよいインテリアを使って高見えするコーディネートをするのが得意。 妥協して中途半端なものを手に入れるのが嫌い→→お客様が入荷待ちされている商品の在庫チェックするのが日課です。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。山口です。

今日ご紹介するのは、賃貸マンションでサロンを開業されるお客様。

意外とレイアウトの難しい広いワンルームのお部屋がどんなサロンに仕上がったでしょうか?

今回もワクワクドキドキですよ〜!

ご依頼

今回のご依頼は、個人の方向けに、似合うお洋服のスタイリングとメイクアドバイスをしていらっしゃるI様。

このたび新しくメニューに小顔矯正を入れ、自分のサロンを持つことにしました。
内装について考えているうちに山口様のホームページを拝見し、ぜひお手伝い願いたいと思いましてご連絡させていただきました。

次のステージへのチャレンジをお手伝いさせていただけるなんて、光栄です!

I様は対面でのアドバイスをご希望でしたので、サロンづくりコースにお申し込みいただきました。

 

物件のご相談

お申し込み時にはまだ物件のご契約前だったI様。

同じマンション内の間取りの違う2部屋で迷われていました。

そこで2部屋の間取り図・お写真を拝見し、コーディネーターの視点でアドバイスさせていただきました。

間取り図・お写真を拝見しましたが、Aが良いですね!
確かにお手洗いの音漏れは気になりますが、電池式の音姫もありますし、オープンラックなどを置いて視線が通らないようにすれば、それほど気にならないと思います。

Bの間取りは使い勝手が悪そうだなというのが第一印象です。
西からの窓は小さく(西日の関係でしょうね)お部屋が暗いので、I様のお仕事内容からすると、オススメはできないな…というのが正直な感想です。

Aは開放感があり、数字以上に広さを感じること、また明るいので良いと感じました。

ご意見ありがとうございます!
予算の関係で少し迷いがありましたが、美しくなりたい!なんとかして欲しい!という女性が来てくださる場所なので、心の開放にふさわしい場所を用意するべきですね!
背中を押して頂いてありがとうございます。

最終的に開放感のある素敵なお部屋に決定されました。

 

ご要望

プランニングに必要な項目を教えていただくためにお願いしているヒアリングシートですが、とてもわかりやすくまとめて下さいました。

<ご要望>

1. 事務スペースとお客様の施術スペースを分けるレイアウトにしたい。

2. 事務スペースの目隠しはしっかりめが希望→圧迫感がでないようにするにはどうするか?

3. デザイナーズマンション→水回りのタイル使いやコンクリート剥き出しの壁など冷たい印象があるので、暖かさを出したい。

4. ラグは衛生面が気になるのであまり好みではない→洗濯できるもの、床の掃除がしやすいものなら可。

5. 希望家具:施術ベッド / ドレッサー(テーブル広め) / メイク用品を置く棚かワゴン / パーソナルカラー用ドレープの収納棚かワゴン / 物販用の展示棚(将来的に) / 姿見

6. ドレッサーの配置は窓に近い場所が良い。

7. ビフォーアフターの撮影用の定位置が欲しい。

<好きなカラー>

ラベンダー・グリーン・ホワイト・ウッディな雰囲気

ここまでしっかりと考えをまとめていただいていると、実際にお部屋に伺った際もスムーズにお話が進められそうです。

 

ヒアリング・採寸のご訪問

駅からすぐのマンションにあるI様のサロンにご訪問させていただきました。

ひゃー!事前にお写真を拝見していましたが、天井が高くてとっても素敵なお部屋!

コンクリート打ちっぱなしと洗面エリアがガラス張りというところがデザイナーズ!

床の素材を変えているところ、キッチンが目隠しされているところも凝っていますね。

ヒアリングシートにご記入いただいた、視線や音の問題などを確かめながら、おおまかなレイアウトをイメージ。

事務スペースに必要な広さや、ビフォーアフターのフォトスポットとして使えそうな場所も確認しました。

実際に伺ってみてはじめて分かったのは、キッチンの目隠しパネルがとても開けにくいこと。

指を引っ掛けて引き出すタイプの折れ戸がなかなか開かずに困りました。

何か良い案を考えなくては…

採寸しながらいろいろお話を伺い、プラン作成へつなげます。

 

プラン提出

コンセプト

お客様に非日常感を味わいつつ、リラックスしていただける空間になるよう考えました。

広い空間に機能を持たせ、様々なシーンに対応できるレイアウトに。

プラン1

クラシカルなパーソナルチェアを配し、ホテルのような凛としたインテリアにしつらえました。
大理石のテーブルやスタンドライトをチェアとコーディネートし、クラス感を演出。
天然木のスタンドパーティションがお部屋の顔となり、木の良い香りに癒されます。

ベースカラーのグレーにピンクをアクセントに取り入れることで、女性らしい柔らかさをプラス。
コンクリート打ちっぱなし壁のスタイリッシュな感じを少し和らげる効果も狙っています。

大きなグリーンを取り入れることで、生き生きとした空間に。
コンクリート壁にあるフックにはハンギングプラントを掛け、リズム感を出しました。

プラン2

プラン1のクラシカルなテイストと変わり、木を取り入れ、ナチュラルなアイテムをセレクト。

ソファ・テーブル・ベンチを同じシリーズで揃え、統一感だけでなく使い勝手の良さを考えました。
通常のお客様対応だけでなく、セミナー開催の際には高めのテーブルをデスクのように使うことも可能です。

プラン1・2共通

ヒアリング・採寸のご訪問時にI様からご指示いただいた、天然木のスタンドパーティションをセレクトしています。

 

レイアウト決定までの試行錯誤

プランご提出後のI様は、今までより具体的にサロンワークをイメージして細部まで検討してくださいました。

より明確になった点
・ドレッサーの奥行きをもっと広いものにしたい
・ドレッサーと施術ベッドの間が狭い

以上をふまえ、中央にレイアウトしていた施術ベッドをコンクリート壁に移動してみます。

奥行きの広いデスクに変更しても、センターに十分な空間ができますね。

入居後のご検討

その後入居され、実際にお部屋の中でじっくりと検討いただくと、事務スペースへの新たなご要望がでてきました。

・事務スペースに窓を取り込みたい
・玄関に近い事務スペースを背の高いパーティションで囲むと圧迫感が気になる→スペースを横長にし、玄関からの通路を広くして開放感を出すのはどうか?
・事務スペースを横長にするとソファがコンクリート壁側に→施術ベッドはクローゼット前に(必要なものは事前に出しておけばOKなのでクローゼットの扉を潰してもよい)

事務スペースを横長に、ソファとベッドの位置を変更してみると、こんな感じに。

 

うむむ。なんだかしっくりこない…と、もう一案考えてみました。

窓側に配置していたドレッサーをソファの隣、コンクリート壁に移動しました。
壁前になったことで、大型ミラーを壁とデスクの間に挟むことが可能になり、デスク上を広く使えます。

さらに、玄関から入った時に奥の窓まで視線が抜けて、スッとひらけた感じに。

クローゼット前の施術ベッド周りもすっきりとして動きやすくなりました。

ありがとうございます。
レイアウトはこれでいきます。

ということで、レイアウトが決定しました!

 

IKEA港北ショッピング

レイアウト決定後の家具セレクトは、在庫があるものの中からLINEで都度ご相談しながら進め、決まったものから購入に進めていただきました。

I様はご自身で実物を確認するため、ショップに出向かれたり、本当に精力的に動かれました!

そのお姿に、なんて真面目で誠実な方なんだろう!と感動を覚えたほど。

一歩ずつ着実に進めていただき、大きな家具はほぼ購入済みでしたが、IKEA港北まで来てくださいました。

そこでまずご相談をいただいたのが、事務スペースのパーティションをカウンターにしてみてはどうか?というお話。

なるほど…カウンターであれば圧迫感がなく、窓を遮ってしまうこともないので開放感がありますね!

高さがないため、事務エリア内が見えてしまう点は気になりますが、整理整頓できていれば問題ないと思います。

ざっくりとその場でイメージを共有し、レイアウトを図面に落とし込んだものをご提出させていただくことに。
もちろん、ショッピングもスピーディーに進め、小物類のご案内もさせていただきました。

 

カウンターレイアウト

翌日にはカウンターのレイアウトを3タイプご提案。

 

 

 

洗面所への導線を検討された結果、1番目のレイアウトに決定!

 

最終チェックご訪問

既にお客様が来られているとI様から伺っていたので、さてさてどんな空間に仕上がっているかしら?とドキドキしながらご訪問させていただきました。

あのスタイリッシュなデザイナーズマンションのお部屋がどんな風に変わったでしょうか?

す・すごすぎませんか?

お部屋に入ってしばらく、感動でフリーズしてしまいました(笑)

カウンターの仕上がりが気になっていたのですが、想像よりもずっとずっと素敵で…
上品で女性らしいお部屋に見事にマッチしていました!

コンクリート壁や床のタイルは、ややもすれば冷たく感じてしまうところが、優しいホワイトでぬくもり感を感じるほど。

ホワイトは照明の光色次第で青白くスタイリッシュにも、クリーミーなぬくもり感にも、どちらにも演出できます。
つまり、電球の色選びが肝ということ!

みなさまも電球の色を再確認してみられると良いと思います。

今回、I様の研究熱心さ、アイデアの豊富さが詰まったお部屋になっているんですが、わかりますか?

例えば、ドレッサーのミラーに取り付けられたLEDの自撮りライト。
お部屋全体の照明をメイクの細部まで確認できるレベルまで明るくしてしまうと、明るすぎて落ち着かない空間になってしまいます。
そこで空間の明るさは変えず、自撮りライトでお顔はしっかりと明るくされています。

あと、観葉植物の移動がラクになるプラントムーバーもキャスターが目立たないオシャレなものをセレクトされていました。

思わず「どちらで購入されたんですか?」と伺ったところ、Amazonですって!

IKEAにもプラントムーバーがありますが、見た目が良くないんですよ…
こちらはキャスターが見えず、カラーもマットな感じで安っぽくなくて良い感じです!さすが!

ワイヤーのサロンネームプレートも素敵ですよね!さりげないオシャレ感がたまりません。

そうそう、初回ご訪問時に課題になっていた「キッチンの扉が開けにくい問題」ですが、こちらもナイスアイデアでクリア!

なんと、スマホリングを扉に貼るだけ!!最高!
IKEA同行ショッピングの際に、オーダーキッチンコーナーにある「つまみ」を見て思いついたアイデアです。

リングがあるとないとでは本当に雲泥の差!最初から付けておいて欲しいなと感じるレベルでした。
小さなストレスでも、毎日の事なので、解決でき良かったです。

真面目なI様はあれこれ悩みすぎて体調を崩してしまわれる程だったのですが、熟考された甲斐あって、I様のお人柄がインテリアに現れた優しいぬくもり感のある洗練されたサロンになったと思います。

本当に感無量です!

\初チャレンジの動画も見てください/

 

アンケートにご協力いただきました

I様からとっても素敵なアンケートのご回答が届きましたので、紹介させていただきます!

Q1. ご依頼前にどんな事で悩んでいましたか?

自宅とは別にマンションを借りてサロンを開業するにあたり、全くインテリアに自信がなかったので、プロにお願いすることを決めていました。
特にお客様スペースと事務スペースを区別し、事務スペースは見えないように完全に囲んだ物をつくる希望があったので、どうしたらうまくできるかが課題でした。

Q2. 何が決め手となって、このサービスを依頼されましたか?

素敵なサロンにしたいけれど、他とまるで同じでは個性がないと感じていました。
そんな時、過去のサロン事例を拝見して、購入しやすいアイテムを使いつつ、みなさんそれぞれが違う印象で、女性らしく品良く仕上がっていたのを見て、山口さんにお願いしたいな〜と思いました。

Q3. 実際に依頼してみていかがでしたか?

山口さんなくしてオープンできませんでした!
私はアイデアは豊富な方ですが、あれこれ考えすぎて決めるのに時間がかかるタイプ。
そこをプロとしてバシッと言い切って進めて頂けたので、思い残すことのない仕上がりになったと思います。
一番要の事務スペースについても、良い感じに着地できて良かったです。

Q4. いちばん良かったところは?

自分がその空間にいて、落ち着くなぁ〜、無駄なものがないなぁ〜と思えるサロンが最終的につくれた事です。
そして、インテリアには疎いと思っていたのですが、やり始めるとこだわりが強いことに気がつきました(笑)
私のこだわりを全て受け止めて、やりきらせて頂いてありがとうございました。

Q5. このサービスはどんな方におすすめだと思いますか?迷っている方に一言!

早く、無駄なく、クオリティを求める方!
自分だけで考えると時間もテイストも迷宮入りします。
私は山口さんのお陰でベストなお店を初めから作ることができました。
今後はしっかりお客様を美しくすることに注力していきたいと思います。

本当にI様のスペックが高すぎて、私でお役に立てたのかしら?と感じていたので、こんな素敵なご感想をいただけて本当に嬉しいです!

次々と溢れ出るアイデアに感心するばかりでした!

きっとサロンを訪れるお客様のお悩みにも、溢れ出るアイデアで答えを出してくださることと思います。

I様ご依頼ありがとうございました!

 

小顔メイクfaceyee!(フェイシー)様

千葉県柏市末広町5-21-303

 

↑プロカメラマンの撮影はすごいですね!!!

 

自宅サロンインテリアコーディネートの詳細はこちらから↓

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
元ハウスメーカーのインテリアコーディネーター。 IKEAなどコストパフォーマンスのよいインテリアを使って高見えするコーディネートをするのが得意。 妥協して中途半端なものを手に入れるのが嫌い→→お客様が入荷待ちされている商品の在庫チェックするのが日課です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© STORY+DESIGN , 2021 All Rights Reserved.