日産が旅館をプロデュースしたら…がすごい!そのうち片づけもなくなる?!

 




この記事を書いている人 - WRITER -


元ハウスメーカーのインテリアコーディネーター。
ちょっとしたコツとポイントで、お金をかけずに素敵インテリアにすることが得意。
多すぎるモノを減らしたら、ストレスフリーで快適な、家事がはかどる家に!
モノとの付き合い方について話し出すと、止まらなくなります・・

詳しいプロフィールはこちら

山口晃子

この記事を書いている人 - WRITER -
元ハウスメーカーのインテリアコーディネーター。 ちょっとしたコツとポイントで、お金をかけずに素敵インテリアにすることが得意。 多すぎるモノを減らしたら、ストレスフリーで時短がかなう家に。 モノとの付き合い方について話し出すと、止まらなくなります・・
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!山口です。

今日は別のテーマで書くつもりでしたが、『うわぁ!これすごい!』というものを見つけたので、興奮冷めやらぬうちに書いちゃいます!笑

まずは、この動画を見てください!

なに〜!!

スリッパが勝手に整列する〜!

めっちゃかわいくないですか?

実はこれ、日産自動車がプロデュースした旅館なんです。

「ProPILOT Park RYOKAN」は、日産の技術によりプロデュースされた特別な旅館。
散らかりがちなスリッパや、部屋をボタン1つで、簡単に元の位置へ片付けることができます。
老舗の箱根温泉の旅館である「塔ノ沢一の湯本館」さまご協力のもと、
実際に宿泊していただくことができる特別な部屋をご用意しています。

自動駐車機能を応用し、箱根の温泉旅館とコラボした企画だそうです。

それにしても、スリッパや座布団、座卓がスルスルと定位置に戻る姿がなんとも愛くるしい!
(人によってはポルターガイストに見える?笑)

座卓の上のリモコンも定位置に。
(これ、1mmでもリモコンの位置がズレていたら許せない潔癖症の人に受けそう)

昨日メディアに公開されたところですが、瞬く間に拡散されていて、マーケティングが上手だな〜と感心

これは車に興味のない人でも食いつきますよね!

それが今度の買い替えの時に日産を選ぶことに繋がるかもしれない…

だけど、その為にここまで全力で車と関係ないことにお金と技術力を使うところが、すごいですよね〜!

興味が湧いて日産のWebサイトを覗いてみると、実は2年前から同じような取り組みをしている様子。

知らなかったな〜。しかも、全部おもしろくて、人に話したくなる!!

 

もしもオフィスチェアに、 日産自動車のインテリジェントパーキングアシストが付いていたら…?

 

もしも行列用のチェアに、 日産自動車のProPILOT、同一車線自動運転技術が付いていたら…?

しっかりと自動運転技術の宣伝にもなっているところが、素晴らしいですよね。

それにしても旅館やオフィスチェアの動画を見ていると、近い将来『片づけ』そのものがなくなるんじゃないかと思えてきませんか?

昨今話題になっている、スマートスピーカーと家中のモノが連動して、『リビング片づけて』と言うだけでスルスルと定位置に戻っていくとしたら…

『片づけ』という言葉自体がなくなる日もそう遠くはないのかもしれません。

まだ空中をモノが舞う姿は想像できない(おそらく既に開発中だと思います)ですが、将来のスマートホームは全自動になるかもしれませんね。

全自動のスマートホームをいいと思うかどうかは別として、介護施設やホテル・旅館、オフィスでの単純業務がなくなり、その分本業に集中できるならば、価値があるのではと感じます

まさに子供の頃に『ドラえもん』で見た未来です!!

脱いだスリッパが自ら整列 日産「未来型旅館」の動画公開

↑こちらの記事によると、『自走するスリッパ』が2月1〜4日まで日産グローバル本社ギャラリーで展示されるそうですよ。

スルスル戻るスリッパちゃん、見たいな〜。

 

にほんブログ村 インテリアブログへ

更新情報やお得なお知らせなどはLINE@で配信しています!
友だち追加

 

 

 





 
この記事を書いている人 - WRITER -
元ハウスメーカーのインテリアコーディネーター。 ちょっとしたコツとポイントで、お金をかけずに素敵インテリアにすることが得意。 多すぎるモノを減らしたら、ストレスフリーで時短がかなう家に。 モノとの付き合い方について話し出すと、止まらなくなります・・
詳しいプロフィールはこちら

「あなた」が伝わる
オリジナルデザイン名刺制作

ビジネスにおいて名刺は大事なツールです!

たった1枚の名刺から
コミュニケーションが生まれ
仕事に繋がることもあります。

あなたの人となりや、ビジネス、想いが
一瞬で伝わる名刺をデザインしませんか?

Copyright© STORY+DESIGN , 2018 All Rights Reserved.