実家に置きっ放しの自分のモノを片づけてきました

 




この記事を書いている人 - WRITER -


元ハウスメーカーのインテリアコーディネーター。
ちょっとしたコツとポイントで、お金をかけずに素敵インテリアにすることが得意。
多すぎるモノを減らしたら、ストレスフリーで快適な、家事がはかどる家に!
モノとの付き合い方について話し出すと、止まらなくなります・・

詳しいプロフィールはこちら

山口晃子

この記事を書いている人 - WRITER -
元ハウスメーカーのインテリアコーディネーター。 ちょっとしたコツとポイントで、お金をかけずに素敵インテリアにすることが得意。 多すぎるモノを減らしたら、ストレスフリーで時短がかなう家に。 モノとの付き合い方について話し出すと、止まらなくなります・・
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!山口です。

長い夏休みをいただき、遠方の実家と義実家へ帰っていました。

お盆やお正月には実家に帰省される方も多いですよね。

そんな帰省時にぜひとも取り組んでもらいたいのが、『実家に置きっ放しの自分のモノの片づけ』です。

実家に収納スペースがあるからと放置していませんか?

今日は、私が置きっ放しにしていたものを片づけたお話です!

実家の現状

うちは3人兄弟で、それぞれ時期は違えど独立して家を出ています。

そころが、3人とも実家に私物を置きっ放しにしているんですよね。
(最近の住宅事情から、全部持っていけないというものありますが)

3部屋あった子供部屋も2部屋は残された私物でいっぱいの物置部屋に、もう1室は弟がまだ住んでいるかのような状態で放置されています。

長女の私は結婚と同時に横浜へ来たので、引っ越し代金をなるべく安くしたいと、当時本当に沢山のモノを処分しました。

今残してあるのは、押入れの一角のみ。
フィルム写真やCD、卒業アルバムなど、手元に置くほどではないけれど、保管しておきたいものです。

でも、忘れていたんです、庭にある物置の存在を…

 

すっかり忘れていた

庭の一角のある物置、結構大きな物置です。

普通屋外にある物置には、アウトドア用品など外回りで使うものが収納されていると思います。

ところが、実家の物置には亡くなった祖母の箪笥や今は使っていないピアノ椅子なども一緒くたに押し込まれています。

その中に私のゴルフバッグとスノーボードを放置してしまっていました。

まだ使えるけど、すぐ使う訳ではないから…

そう思ってからもう7年が経過していました。

最近ふとその存在に気がついた時、はっきりとこの先使う予定はないし、もしまた始めることになったら改めて買えばいい』と思えたので、処分することにしました。

物置から出したゴルフバッグは最後に使った時の記憶とは違い、かなりの経年劣化が!

透明の柔らかいビニル素材だったところが、黄色く変色し、中にはポロポロと粉のように崩れる部分もありました。

きれいだと思っていたけれど、最後に使ってから13年も経っているので当然です。

何よりも一番びっくりしたのが、私自身が思っていたハーフセットではなく、11本もあるフルセットだったこと!

購入時の記憶が全くないけれど、確かにこんなクラブだったかも…

そういえば、ハーフセットが入ったゴルフバッグは盗難にあって買い直したところまでは覚えているんだけど、その先が真っ白で…

自分にとって本当にどうでも良い存在なんだと、改めて認識しました

 

捨てるのも譲るのも手間がかかる

ゴルフバッグとシューズや手袋などは、母にゴミの日に処分してもらい…(ごめんなさい)

バッグに入れて保管していたゴルフクラグは、使用感はあるもののまだまだ使える状態だったので、メルカリで使ってくださる方にお譲りすることに。

5日間の帰省中に処分したかったので、他の出品よりも価格を安く設定し、なんとか帰る前日に売れました!

メルカリでは発送元住所を簡単に変更できるので、実家から発送したい場合にもとても便利です。

売れてから2時間後には集荷に来てもらい、一件落着!

売れなかったらお正月まで持ち越しかなと思っていたので、ホッとしました。

改めて振り返ってみると、手放すまでにかなり手間がかかったな…という印象です。
  1. 物置の奥にあったモノを取り出し現状確認
  2. 捨てるモノと譲るモノに分ける
  3. 捨てるモノの処分(処分方法を調べる)
  4. 譲るモノの清掃
  5. メルカリに出品(写真撮影・商品詳細の記載)
  6. 梱包
  7. 発送

残るスノーボードはシーズンオフのため、お正月にまた着手したいと思います。

 

片づけも親孝行のひとつ

親も自分のモノではないので、なかなか処分できないものです。

ただでさえ、長い年月を経てモノが溜まってしまっている実家に、独立したにもかかわらず使わないモノを放置するのはどうなのでしょう?

もちろん、モノの少ないスッキリした実家で、親御さんから空いたスペースの使用を許してもらえるなら問題なし!

いつでも取りに帰れるから… とりあえず今はいらないから…

なんてこちらの都合だけで放置するのは、残された親のこの先の生活を豊かにする妨げになっていると自覚した方がいいと感じます。

やっと子供が独立して、自由になる時間ができたからあれこれ楽しみたい!と思っていても、家が物置状態ではストレスに感じないわけがないと思いませんか?

それに、自分自身の価値観も実家を出た時と今では変わってますよね?

今の自分、これからの自分が、本当に取っておきたいモノ?

と問いかけてみれば、放置しているモノも手早く片づけできますよ。

私もこれを機に、妹や弟に私物の片づけを促してみようと思います(近くに住んでいるからこその置きっ放し系)

体も衰えて疲れやすくなってきた母に片づけさせるのは気の毒だし、母には母のモノの片づけをする時間も必要ですからね。

みなさんも実家に置きっ放しのモノ、次に帰った時に片づけてみてくださいね。

これも一種の親孝行だと思いますよ!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル(プロ・アドバイザー)へ

更新情報やお得なお知らせなどはLINE@で配信しています!
友だち追加

 

 





 
この記事を書いている人 - WRITER -
元ハウスメーカーのインテリアコーディネーター。 ちょっとしたコツとポイントで、お金をかけずに素敵インテリアにすることが得意。 多すぎるモノを減らしたら、ストレスフリーで時短がかなう家に。 モノとの付き合い方について話し出すと、止まらなくなります・・
詳しいプロフィールはこちら

「あなた」が伝わる
オリジナルデザイン名刺制作

ビジネスにおいて名刺は大事なツールです!

たった1枚の名刺から
コミュニケーションが生まれ
仕事に繋がることもあります。

あなたの人となりや、ビジネス、想いが
一瞬で伝わる名刺をデザインしませんか?

Copyright© STORY+DESIGN , 2018 All Rights Reserved.