ストーリーのあるインテリアで暮らしを豊かに

Amazon Dash Buttonつかいはじめました【メリット・デメリット】

 







この記事を書いている人 - WRITER -
元ハウスメーカーのインテリアコーディネーター。 IKEAなどコストパフォーマンスのよいインテリアを使って高見えするコーディネートをするのが得意。 妥協して中途半端なものを手に入れるのが嫌い→→お客様が入荷待ちされている商品の在庫チェックするのが日課です。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。日用品のお買い物が嫌いな山口です。

みなさん、もうAmazonダッシュボタンは使っていますか?

私は特に必要性も感じなかったので、試したことがなかったのですが…

この時期雨が降ったり、体調不良になることも考えられるので、お試しに!と1つ購入してみました。

メリットとデメリットがはっきりしたので、ご紹介しますね。

Amazonダッシュボタンって?

Dash Buttonとは?

ボタンを「ぽちっ」。お気に入りの商品が少なくなったと気づいたら、ボタンを押すだけで商品をお届けします。Wi-Fiに接続し、iPhoneやAndroidスマートフォンのAmazonショッピングアプリからお気に入りの商品を設定するだけ。あとは必要な時にDash Buttonを押すだけで注文ができます。新しい買い物スタイルをご体験ください。

日用品がなくなりそう!と気づいたらポチッとボタンを押すだけで注文完了してしまう、便利なサービスです。

買いだめをしない我が家のような家庭にはありがたいサービスですね!

 

まずは設定

Amazonからダッシュボタンが到着。

まずは設定をします。

といっても、とても簡単です。

スマホのアマゾンアプリからダッシュボタンのセットアップをクリックし、Wifi環境で連動させるだけ!。

そのあと、そのダッシュボタンで購入できる商品の中から、実際に買いたい商品を選んで登録すれば完了です。

登録商品は後から変更することもできます。

 

実際にポチッとしてみました

ペットボトルの水がなくなってしまっていた我が家。

いつも自転車でのお買い物なので、2L×6本の箱を持って帰ってくるのは結構大変でした。

そこで、ボタンで購入する商品を、天然水2L×10本セットに。


ダッシュボタンは500円で購入するのですが、初回購入時に商品代金から500円マイナスされるので、実質0円ですね。

給湯スイッチの上に貼りつけたダッシュボタンをポチっと押してみると、白から青の光に変わります。

これだけ!本当にポチッと1回押すだけで、注文完了です。

翌日にはしっかりと届きました。

 

メリット・デメリット

スマホからアプリを起動することもなく、ただボタンを押すだけで商品が届くというダッシュボタンですが、メリットばかりではありません。

使ってみて気づいたメリット・デメリットをまとめてみると

メリット

  • 手軽。これ以上ないくらい簡単。ズボラさんでも安心!
  • 思い立ったその時にすぐ注文できる(買い忘れなし)
  • 押し間違えがないように、商品が届くまではボタンを押しても即注文にならない
デメリット

  • プライム会員のみのサービス
  • スーパーで買うより高い(場合が多い)
  • 同じ商品を定期便で買うほうが安い
  • 購入したい商品にダッシュボタンがあるとは限らない

ついつい後回しにして、買うのを忘れてしまったり、買い物の時間を減らしたい、重いものを運びたくない方にはオススメ!

逆に、同じものなら少しでも安く買いたい!在庫管理が生きがい!といった方には必要ないかもしれませんね。

どんな便利なものやサービスであっても、

・自分のライフスタイルに合っているか

・それを利用することで、自分が大事にしたいものを得られるか

など、しっかりと検討してみることも必要ですね。

私の場合、

・自転車でスーパーまでお買い物に行く時間
・スーパーでお買い物にかかる時間
・重い荷物を自転車まで運ぶ負荷
・お天気や体調不良に左右されない  ことの代わりに

市価との差額およそ500円を支払う=メリットがあると感じたので、しばらくは続けたいと思います!

みなさんは便利さの代償にいくらぐらいまで払えますか??

便利なサービスを使ってできた時間でしたいことって何ですか?

自分の軸を見つけておくといいですね!

 

にほんブログ村 インテリアブログへ

更新情報やお得なお知らせなどはLINE@で配信しています!

友だち追加

 

この記事を書いている人 - WRITER -
元ハウスメーカーのインテリアコーディネーター。 IKEAなどコストパフォーマンスのよいインテリアを使って高見えするコーディネートをするのが得意。 妥協して中途半端なものを手に入れるのが嫌い→→お客様が入荷待ちされている商品の在庫チェックするのが日課です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© STORY+DESIGN , 2018 All Rights Reserved.